スピリチュアル・ヒーリング を受ける

 

 
 
 
 
 

スピリチュアル・ヒーリング を受ける


病の原因のエネルギーを浄化し治癒へ導く神霊の力

スピリチュアルヒーリング を受ける

 
 
スピリチュアル・ヒーリングは「気功治療」として外気功療法さいたま院にて提供しております。
概要は下記の通りですが、詳細及びご予約お申込みは「外気功療法さいたま院」のホームページをご覧下さい。
 外気功療法さいたま院

 

対象
病気・症状の苦しみが強い方、重篤な方
どこにいっても病気や症状・痛みがとれない方
複数の症状を長年患っている方
うつ・不安症など心の病で苦しんでいる方
自律神経失調症で悩んでいる方
がんでお悩みの方、三大療法(手術・化学療法・放射線療法)以外の療法を受けたい方
施術時間
約1時間(実施術時間約45分)
ヒーラー
水野 博友
施術料
12,000円/1回
※初回のみ初見料が1,000円かかります。

 
 

 スピリチュアル・ヒーリングとは?

 
気(エネルギー)を使う癒しにも色々と種類や流派がありますが、大きく2つの方法に分別されます。
① 天地の気を自身の体内で練り、自分の気を高めて外気放射する方法
② 神霊・霊体とつながり、そのヒーリングエネルギーを仲介し、健康回復を祈願する方法
 
①はよく気功法として取り入れられています。
当院の「スピリチュアル・ヒーリング」は②の方法です。
②の方法(スピリチュアル・ヒーリング)は世界中で太古より無数の方法で行われていますが、日本では明治維新で近代化(=西洋化)し西洋医学を医療の中心に据えるようになってから東洋医学と共に迷妄の類として排斥されてきました。
さらに戦後日本は国民皆保険として国民健康保険制度が日本人の末端まで定着すると、西洋医学をベースとした「病院-医師」という1つの治病システムが制度として確立されました。
そして日本人は病気になったら病院に行って治療を受けるもの、薬を貰うものという思考パターンができ、東洋医学に対する意識はほとんどなくなっていきました。
私もかつては東洋医学というと何だかよく分からない、中国4000年とかいうけど昔の療法?それって効くの?という感じで捉えていましたが、今も多くの日本人はそうなのだろうと思います。
 
そのような状況の中、日本におけるスピリチュアル・ヒーリングはほそぼそと宗教で執り行う祈祷・ご祈願、または一部の療術として命脈を保ってきています。
世界ではヒーラーはシャーマン、神官、ヒーラー、霊能者、ヨギとして神や霊とつながり、その力を病気の癒しに使ってきました。
気功というと中国のイメージが強いですが、それは「気功」という言葉が中国で半世紀程前にできて日本に入ってきたからです。
気(エネルギー)を駆使する技法という見方をすればユニバーサルなものであり特定の地域に由来するものではありません。
 
スピリチュアル・ヒーリングとは、施術者(ヒーラー)が神・霊の力を伝える導管的役割に徹し別次元のヒーリングエネルギーを仲介し受け手に送るヒーリング法のことをいいます。
スピリチュアル・ヒーリングにも大きく霊につながるものと神霊につながるものとあります。
神霊につながる場合には、そうなるようにヒーラーはそのための修行をして魂・肉体の浄化に努めます。
また、浄化だけではなく、秘伝として伝えられてきた呪文・真言(マントラ)・神聖図形(ヤントラ)などのエネルギーを持つ言葉(フレーズ)や図形を用いて神霊のエネルギーを導きます。
その意味でスピリチュアル・ヒーリングというものはヒーラーが神にクライアントの治癒を祈っているものと言っても過言ではありません。
癒しの力というとヒーラー自身の力を使って癒しているように思われるかもしれませんが、その力の実態は神霊の力であり、ヒーラーはよき導管としての役割を果たしているだけです。
 

 スピリチュアル・ヒーリングの反応・体感、効果

 
スピリチュアル・ヒーリングを受けると神霊のエネルギーを受けて通常では体験できないような神秘的な体験をする人もいます。(※体感は受け手側の要素もあり個人差があります)
それは神霊のヒーリングエネルギーが受け手の意識を特殊な状態に誘う事によって起こるものです。
それはヒーラーがそうさせようと思ってするものではなく、ヒーラーの背後で動いている治療神がなせる技です。
ヒーリング中に神に触れてそのありがたさに涙する人もいます。
このようなスピリチュアル・ヒーリングで私は日々多くの人を癒し、病院の治療や薬でどうにもならなかった人の健康回復のお手伝いをしています。
 

 病院以外で行う療法を総称して代替療法と言います


代替療法には鍼灸・整体・マッサージ・温泉療法・食養生法・枇杷の葉療法・催眠療法・吸い玉療法(プハン)、カイロプラクティックなど無数にありますが、その中でもスピリチュアル・ヒーリングはとても有効な療法と言えると思います。
スピリチュアル・ヒーリングはクライアントの身体に手を当てるだけのシンプルな施術法であり、大昔から存在するある意味原始的な療法と言えますが、最近では特に知識層やインテリの方の中に現代西洋医学に信頼を持たない人が増えてきたり、またスピリチュアルなことに関心がある人が増えてきたために、今スピリチュアル・ヒーリングは改めて新しい補完医療の形として着目されてきています。
イギリスではスピリチュアル・ヒーリングに対する理解と評価を得ており健康保険が適用されます。
日本でも真に患者に役立つ情報が届くようになってほしいと思います。
 
スピリチュアル・ヒーリングの体験談は外気功療法さいたま院の「気功治療の反応と効果」のページをご覧下さい。
スピリチュアル・ヒーリングの実際については外気功療法さいたま院のトップページ「気功治療カルテ/体験談」に一部をまとめていますのでご覧下さい。

 

 

ページ先頭へ