スピリチュアル・ヒーリング講座 奥伝

 

 
 
 
 
 

 スピリチュアル・ヒーリング講座・奥伝

 
スピリチュアル・ヒーリング講座・奥伝はこのような人に最適なプログラムです
 
♦ スピリチュアル・ヒーリング初伝を学び、さらにヒーリング能力を伸ばしていきたい
♦ 遠隔ヒーリングの能力を伸ばしたい
♦ がんなど難病へのヒーリング法を学びたい。
♦ 病気・症状のより根本的原因を追及していきたい。
♦ プロとして開業し、家業としていきたい
♦ 霊的障害への対処法を学びたい
 
奥伝も基本的な構成は伝授と講義から成り、初伝の内容を一層深める様構成されています。
奥伝の伝授では更にヒーリングの源泉と結びつく伝授を行います。
気(エネルギー)の浸透度や対応できる範囲においてスピリチュアル・ヒーリング講座初伝より1.5倍~2倍位の力が付いたと実感できると思います。
身体のエネルギーも高くなり、その神聖度が増していきます。
神聖なエネルギーも肉体・魂になじんできて、意思の力(サンカルパ)が増し諸願望が実現しやすくなります。
 
講義の面では本格的な遠隔ヒーリング、邪気の本質、霊障への対処法、難病への対処法など他ではなかなか得られない知識・情報を学ぶことができます。
本当に人の心身を癒せることができるヒーラーを養成すべく内容を幾度か見直し厳選し、惜しみなく秘伝にする価値のある大切な情報を網羅しました。
 
 
 
第1講、第2講では、初伝より更に強力なヒーリング力を得るための伝授を行います。
さらに力を伸ばしていくための瞑想法とより強力な自己浄化法を学びます。
 
第2講では遠隔ヒーリングを詳しく学びます。
手前味噌ですが、私は遠隔ヒーリングを行う機会がとても多く「外気功療法さいたま院」のホームページでも書いていますが、総時間数で私より多いヒーラーはあまりいないのではないかと思います。
その豊富な経験から体得した遠隔ヒーリングのより効果的な方法・知識をここでお伝えします。
遠隔ヒーリングの実習も行います。
初めての方はできるだろうかと不安になるかと思いますが、これまでできなかった人はいませんので心配は不要です。
 
第3講は主に内臓の病・症状について学びます。
これは中医学で伝承されてきた知識(陰陽五行論)をベースにしています。
各臓器の気(エネルギー)の特質を知り、多様な症状との関連性をみていきます。
西洋医学はまったくこの点を認識していませんが、気の働きが分かるようになると中医学の内容が真実であると実感できるものです。
 
第4講は邪気論です。
これまで病気や症状の原因が邪気であると勉強してきましたが、ではその邪気とは何であるかというより深いところに入っていきます。
一言で邪気といいますが、実は色々な種類の邪気があります。
色々な病気・症状と邪気との関連性がここで結びつき、この様な世界があるのかと驚くことでしょう。
そして、実は多い霊障の実態とその対処法を学びます。
 
第5講は自律神経失調症です。
自律神経失調症は邪気のことが詳しく分かっていないとその本質はわかりません。
自律神経失調症は病院で検査をした場合、症状が明らかにあるにも関わらず「異状なし」と診断されます。
これは本当におかしなことで、症状があるのに異常がない訳がないので思考停止になっているとしか思えません。
自律神経失調症は神経系統に邪気(ネガティブなエネルギー)が侵入し、神経伝達に誤作動が生じている状態と診ています。
邪気が原因となっているため現代医学の検査機器では感知しえないのです。
世の中に自律神経失調症で苦しんでいる人が多くいるのにもかかわらず有効な手立てが乏しいのは原因となる邪気を浄化できるヒーラー・気功家が少ないからと考えています。
邪気のことが分かりそれを浄化する力がなければ軽度の自律神経失調症はともかく、重篤な自律神経失調症を楽にしてあげることはできません。
このレベルになると、レベルの高いヒーラー・気功家や修行を重ねた行者・僧侶の領域となるのだと思います。
第4講で学んだ邪気の知識を基に、自律神経失調症の原因となっている邪気を浄化していく効果的な方法を症状別に学びます。
 
第6講はいよいよ初伝・奥伝の最終講で、最重要のがんについて学びます。
私はこの道に入った時に、がんを治せる気功家(ヒーラー)になりたいと強く思いました。
現代のがん治療は手術・抗がん剤・放射線治療の3つの柱からなりますが、それぞれに問題があり、後遺症や副作用で苦しんでいる人が多くいるのが実情です。
また手術もできず、行き場を失ったがん難民も多くいて悲しむべきことと思います。
ヒーリングはがんも縮小・消滅させることができる可能性を持つもので、私も多くを経験してきています。
実際にヒーラーとして看板を出せば、がんのクライアントに遠からず出会うものと思います。
がんを普通に癒せるヒーラーになりたいと私はこれまで修行に精進してきましたし、同じ様な志を持つヒーラーを育てていきたいとも思っています。
その意味でこの第6講は非常に重要な講義となります。
 
最後にこのスピリチュアル・ヒーリング講座初伝・奥伝を終えた後にどのように歩んでいくと良いのか、修行とはどのようなものかについてお伝えします。
このスピリチュアル・ヒーリング講座を終えたのがゴールではありません。
ヒーラーの道は人を助ける菩薩行であり、生涯に渡って研鑽を重ね自分を高めていき他人の喜びを我が喜びとする人生であると思います。
気が進まない人はまだ時期ではないと思われますので無理に今すぐ修行をする必要はありませんが、いずれその機会が来るかもしれません。
また、ヒーラーとしてより高いレベルを志向する熱い魂を持つ人はこれからどうしていくべきかウズウズしている人もいることでしょう。
修行論とヒーラーの成長段階について私が経験上思うことを伝えていきましょう。
ここでそれを知っておくことは今後の人生に大きく役立つものと信じています。
 
 
 遠隔ヒーリング
物理的に目の前にいない人を癒すのが遠隔ヒーリングです。
遠隔ヒーリングは初心者にはとんでもないことと思えますが、慣れてしまえば対面ヒーリングと変わるところはありません。
遠方にいる人、家から出られない人、入院中の人からのヒーリングの依頼に応えられるようになります。
習熟してくると遠方にいる人の健康状態がわかるようになります。
 
 霊的障害への対処法
病は霊的障害によって起こっているものも多いのが実情です。
それらの霊を浄化することで、病を癒す方法を学びます。
 
 カリキュラム
第一講
● 概要説明(治療の守護神、意思の力によるヒーリング)
● 神霊とつながる瞑想法(発展)
● 伝授前の浄化
伝授
第二講
● 遠隔ヒーリングの基礎・実践
● 自己浄化法(発展)

第三講
邪気論1(内部要因 他)

● 邪気の種類/邪気の自覚症状/臓器と邪気

● 陰陽五行説

【症状別施術法】 
内臓疾患/肺の病、心臓の病、肝胆の病、脾胃の病、腸の病、腎臓の病
第四講
邪気論2(外部要因)

● ネガティブなエネルギーの考察

● 霊的障害の研究  

● 浄霊法・除霊法

● 自衛法

第五講 自律神経失調症

● 自律神経のシステム、交感神経と副交感神経

● 自律神経失調症 発症のプロセス(「見えない身体」~肉体まで)

● 自律神経システムのコントロール法

【症状別施術法】 自律神経失調症の諸症状

不眠・脱毛症・めまい・メニエール・過食症・パニック障害・過呼吸・不整脈・過敏性腸症候群・腹部のはり・下痢・便秘・微熱・のぼせ・悪寒・冷え症など

第六講
● がん
♦ がんの原因
♦ 三大療法(手術・化学療法・放射線療法)への疑問
♦ がんの対処法
♦ がんの生態についての理解
♦ がんのヒーリング法
♦ がんのヒーリングで特筆すべきポイント
● これからの修行法 ヒーリング力を伸ばすために
● その他質疑応答

 

  

  

 スピリチュアル・ヒーリング講座・初伝
 スピリチュアル・ヒーリング講座のQ&A
 サロン経営学&マーケティング

ページ先頭へ